So-net無料ブログ作成

何となく、おすすめのラノベ [まとめ]

前回の記事で、「おすすめのラノベを」とお願いされたので、せっかくなので、記事にしてみました。

今回、取り上げる条件は3つ。

1巻完結(シリーズものでも、1冊で終われば良し)
ラブコメ以外
アニメ化されていない

と言う事。

早速、条件に合うのを探そうと思ったのですが、読書記録ノートを実家に置いて来ているので、自分がどんな本を読んだか思い出せない、という問題がwついでに、大量のラノベは、やっぱり実家なので、どれを読んだか分からない、と言うハンデ付。そんな中で、とりあえず思い出せるものをリストアップしてみました。一言感想も載せておきます。

それでは。一つ目から。

 

シアター! (メディアワークス文庫)

シアター! (メディアワークス文庫)

  • 作者: 有川 浩
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2009/12/16
  • メディア: 文庫

有川浩作品は結構おすすめですが、ラノベと言うことで。メディアワークス文庫は、ラノベ分類じゃない気もしますが、気にしない方向で。
小劇団を舞台にしたお話で、なかなか縁遠い世界ですが、楽しめる作品になっていたと思います。まぁ、色々甘いんだろうなぁ、と思う面はありましたが。
ただ、恋愛要素は薄めと、有川浩にベタ甘を求めている人には若干物足りなさを感じるかも。ヒロインをみゆきちと見立てて読むのも面白いかもなぁ、と言う作品でした。と言うか、そうした方が面白い気もするw

 

[映]アムリタ (メディアワークス文庫 の 1-1)

[映]アムリタ (メディアワークス文庫 の 1-1)

  • 作者: 野崎 まど
  • 出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス
  • 発売日: 2009/12/16
  • メディア: 文庫

ライトノベルと一般文芸のちょうどあいなか、見たいな文章でした。「ミドルラベル?」とか思っていた時期が懐かしいwこれもいわゆるラノベじゃないかw

映画制作の話。と思わせつつ、最後のどんでん返しが凄かったです!ラブストーリーだと思っていたら、と言うwこれは、読んで感じて欲しいですね。

そういえば、メディアワークス文庫、結構たくさん買ったけど、この2冊しか読んでいない気が(^^ゞ

 

空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)

空ろの箱と零(ゼロ)のマリア (電撃文庫)

  • 作者: 御影 瑛路
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2009/01/07
  • メディア: 文庫

これも、ただただ「凄い!!」の一言に尽きますね。「何でも願いを叶える箱」と言う設定はありがちだと思うんですが、「人間の『でも、実際に何でも叶うわけがない』という思いまで叶えてしまう」という設定がリアルだと。読み応えも抜群で、「こいつが箱の持ち主か」と予想して、何度も予想が外れる、と言う展開でした。とにかくおすすめです!
個人的には、現在のライトノベル、五指に入る作品だと思っています。

 

テルミー きみがやろうとしている事は (集英社スーパーダッシュ文庫)

テルミー きみがやろうとしている事は (集英社スーパーダッシュ文庫)

  • 作者: 滝川 廉治
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2010/07/23
  • メディア: 文庫

詳しくはこちらをw→『テルミー きみがやろうとしている事は/滝川廉治』

とにかく、心にしみる話。死者の思いが救われ、生者も救われる。そんなお話です。
余談ですが、他の方の感想を見ていると、「何て私は汚れっちまったんだ」と悲しくなってくるorz

 

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)

とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い)

  • 作者: 犬村 小六
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2008/02/20
  • メディア: 文庫

鉄板過ぎて面白くないですが(私の気分的に)w非常に面白い作品だと思います。何度も言っていますが、あたかもジブリ映画を見ているような気がしました。決してハッピーエンドではないけども、それでも悲しいと思わせないすがすがしさがあったと思います。劇場版公開も決定していますし、楽しみです。
それと、どう世界を舞台にした『とある飛空士への恋歌』でも、2人と思われるものが出てきていますし、3巻にして盛り上がりまくっています。そして、4巻が8月発売!!もう、待ちきれませんw

 

旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)

旅に出よう、滅びゆく世界の果てまで。 (電撃文庫)

  • 作者: 萬屋 直人
  • 出版社/メーカー: メディアワークス
  • 発売日: 2008/03/10
  • メディア: 文庫

この作者、結局この1冊しか出してないなぁ。

いずれ消えゆく少年と少女が、世界を旅して回るお話。旅の中で出会う人たちとのふれあいが良かったです。正直、救われない話ではあるのですが、2人が最後の時まで一緒にいられたら、それはハッピーエンドではないか。そんなお話。なんか、すがすがしいなぁ、と。

 

ある日、爆弾がおちてきて (電撃文庫)

ある日、爆弾がおちてきて (電撃文庫)

  • 作者: 古橋 秀之
  • 出版社/メーカー: メディアワークス
  • 発売日: 2005/10
  • メディア: 文庫

時間をテーマにしたSF短編集という感じかな?どのお話も非常に面白かったです。切なかったり、楽しかったり。一つ一つがとても優れた作品です。

 

君のための物語 (電撃文庫)

君のための物語 (電撃文庫)

  • 作者: 水鏡 希人
  • 出版社/メーカー: メディアワークス
  • 発売日: 2008/02/10
  • メディア: 文庫

この作者、間違いなくこの作品が一番輝いていたなぁ、そんな作品。デビュー作だけどw

非常に良質で落ち着いた世界。ヒロインがwと言う展開から、あそこに落とすのがとても素晴らしかったですね。『君のための物語』という作品タイトルも、内容に即していて、大変素晴らしかったです。正直、作者にはライトノベルとか考えないで良いから、この継投の作品を書いて欲しい。もういっそ、メディアワークスでなくても良いから。

 

銀色ふわり (電撃文庫)

銀色ふわり (電撃文庫)

  • 作者: 有沢 まみず
  • 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス
  • 発売日: 2008/07/10
  • メディア: 文庫

もう、凄く綺麗な恋物語。変態と言われる作者(『いぬかみっ!』シリーズ作者)が、こんなに綺麗な話を書けるのか、ととにかく驚きの作品。いえ、私『いぬかみっ!』読んだ事ないですが。
普通の人から見えない少女と、その少女を見る事ができる少年の小さな恋の物語。2人の未来は、不安が待っているけれども、2人ならきっと乗り越えられる、そんな心温まる作品でした。
これ、続編の予定もある、とか聞いたのですが、いつになるんだろう?

 

その日彼は死なずにすむか? (ガガガ文庫)

その日彼は死なずにすむか? (ガガガ文庫)

  • 作者: 小木 君人
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2009/06/18
  • メディア: 文庫

この作品、輝いていたなぁ。

ある日、17歳の人生を終えてしまう主人公が、死の間際に交わした契約。それは、人生をやり直せる、と言うもの。そして、死を迎える「その日」を避ける事はできないものの、やり直しの人生に隠された、奇跡の欠片を全て集めた場合は、死なずにすむ、と言う。どっかの『CLANNAD』思い浮かべなかったわけでもないですが、
ただ、それはあくまでそこだけで、後はとても楽しめました。何はともあれ、ヒロインが可愛かったwそれと、主人公とマキエルの関係がとても心地よかったです。

 

ロミオの災難 (電撃文庫)

ロミオの災難 (電撃文庫)

  • 作者: 来楽 零
  • 出版社/メーカー: メディアワークス
  • 発売日: 2008/01/10
  • メディア: 文庫

面白かった記憶があるものの、演劇部の部員の中に、ある日宿ったのは昔、事故で亡くなってしまった演劇部員の気持ち。その気持ちに引きずられて、4人の部員は主人公を好きになって。「この気持ちは誰の気持ちなんだろう?」というのが、切なくなるような、そんな話だったような気がします。正直、詳しく覚えていないorzただ、面白かったし、エンディングも秀逸だった事は確かです。

 

大久保町の決闘―COLLECTOR’S EDITION (ハヤカワ文庫JA)

大久保町の決闘―COLLECTOR’S EDITION (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 田中 哲弥
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 文庫

もう、ひたすら押してみるw元は電撃文庫から出ていたものが、晴れて復刊。挿絵がなくなったのが非常に惜しいし、紅葉ちゃんがイマイチになっているorzという表紙ですが、中身は変わっていないので、当然おもしろさは当時のまま。ひたすら笑って、最後のラブ展開に「いいなぁ」となる。そんな作品ですね。

 

<番外編>

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫)

  • 作者: 森見 登美彦
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2008/12/25
  • メディア: 文庫

アニメファンにも、『四畳半神話大系』作者として知られたのではないか、と思う森見登美彦作品。最近の作品はともかく、初期の作品はとにかく阿呆を貫き通して、ラノベ好きにも親和性が高い作品だと思います。そして、もちろん一般文芸作品なので、面白い、と。山本周五郎賞も獲得していますしね。私みたいに、「ラノベしか読まない」と言う人にもお勧めできる作品です。

有頂天家族 (幻冬舎文庫 も 12-1)

有頂天家族 (幻冬舎文庫 も 12-1)

  • 作者: 森見 登美彦
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2010/08/05
  • メディア: 文庫

こちらもおすすめ。こちらは、『夜は短し歩けよ乙女』からさらに進化。笑って笑って、ちょっぴりほろっとできる作品。素敵です。

 

<条件には合わないけども>

絶対可憐チルドレン・THE NOVELS~B.A.B.E.L.崩壊~ (ガガガ文庫)

絶対可憐チルドレン・THE NOVELS~B.A.B.E.L.崩壊~ (ガガガ文庫)

  • 作者: 三雲 岳斗
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2008/05/21
  • メディア: 文庫

『アスラクライン』『ダンタリアンの書架』『少女ノイズ』でおなじみ(?)の、三雲岳斗さんによる人気マンガのノベライズ作品。なんか、三雲岳斗さんが自分で「書きたい!」と勝手に立候補していたら、本当にノベライズの仕事が来た、と言う話ですが、とにかく「レベルたけぇw」と。登場キャラクターに全く違和感を感じさせないところが素晴らしい。そして、オリジナルながら、シリーズとして入れても全く違和感のないストーリーに脱帽でした。私は、今でも「劇場版アニメを作るなら、これを」と思っていますwファンなら絶対満足ですし、絶対読むべき作品だと思います。

 

こんな感じで。我ながら、あまり面白くないなぁ、と思いますが、しょうがないですね。最近、シリーズを追いかけるのに精一杯で、新シリーズとか読み切りのものとかを読む機会がなくなっていたなぁ、と痛感しました。もう少し、幅を広げて読んで行きたいですね。

と言う訳で、今回のおすすめはこんな感じで。また、何か思い出したら記事にしようかなぁ、と思います。もし、ココの作品を読んで面白かったら、感想など聞かせてもらえると幸いです。


ブログパーツ
nice!(28)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 28

コメント 6

bapio

早速記事にしていただきありがとうでござる(’-’*) フフ
『ラブコメでないもの』って言うのはちょっと説明不足だったですね。
基本物語には恋愛要素が入ってますから、それは構わないんですが、
野木坂やれでぃばとの様なモロラブコメはちょっと気分じゃないなぁって感じでした^^A

『アムリタ 』、『空ろの箱と零(ゼロ)のマリア』、にビビっときました。
あと『大久保町の決闘』は前からtakaoさんが押されてましたね!

『空ろの箱と零(ゼロ)のマリア』にすごく惹かれたのでこれを買ってみようかな。
ではtakao様のアフィリエイト?からポチリと。

忙しいところわざわざありがとうございました!

by bapio (2010-08-03 23:53) 

エルティア

条件にはあてはまりませんが
今、私が読んでいて
オススメは以下になります。


ハイスクールD×D7
漂う書庫のヴェルテ・テラ
これはゾンビですか?
タロットのご主人様。
司書とハサミと短い鉛筆
ラッキーチャンス!
C3 -シーキューブ-
グロリアスドーン
世界の危機はめくるめく!
R-15

by エルティア (2010-08-04 01:10) 

takao

bapioさん、ごきげんよう。コメントありがとうございます。

いえいえ。ちょうどネタがなかったのでw
ちょうど良かったという事です。
ただ、分かる範囲であげたので、漏らしがある可能性もありますね。

あぁ、ラブコメってのは、たぶんそんな感じだろうなぁ、と思ってチョイスしました。
と言うか、自分が本当に好きなお話、おもしろいと思ったお話って、ラブコメは意外と少ないんですよね。
私、恋するおっさんですから、純愛ものが好きです。
永遠の愛、とか変わらないもの、とかもう大好物で。
キモイですねw分かっていますorz

アムリタは、文章が読みにくいかもですね。
ただ、最後はとにかく良かったです。
怖い、と言う意味でw
『空ろの箱と零のマリア』は万人にお勧めできます。
『大久保町の決闘』は確かに今読むと古くささも感じないでもないです。
が、やはり好きなのです。

うち、アフィリエイト全く貼っていませんよw
だって、うちのブログ読んで商品買おう、と思ってくれる人っていないと思いまして。
あと、こんなブログ読んでくれている人から、お金を貰うのもなぁwと言うのがありまして。
まぁ、アフィリエイト貼って、少しでもお金が入ってくれたら、ラノベの購入資金になるのになぁ、と思わないでもないですが。
貼らないでおこう、と思う次第です。

『空ろの箱と零のマリア』は展開がとにかく素晴らしいので、ゆっくり楽しまれてください。

いえいえ、今は割と余裕があるのです。
愛するbapioさんのためですから、これくらいは、ですね。
俺きめぇ

それではbapioさん、ごきげんよう。
by takao (2010-08-04 18:20) 

takao

エルティアさん、コメントありがとうございます。

おすすめありがとうございます!
私が読んでいないのばかりで、興味そそられました。
ただ、『漂う書庫のヴェルテ・テラ』『これはゾンビですか?』『司書とハサミと短い鉛筆』と『C3』と『R15』は持っているような(^^ゞ
今度、読んでみる事にします。

他のおすすめも、ちょっと今の追いかけているシリーズとの兼ね合いから、どこまで触れる事ができるか分かりませんが、機会を設けて読んでみたいです。
ありがとうございます!
by takao (2010-08-04 18:23) 

停車男

とある飛行士とテルミーが好みの絵です。お正月に読んでみよっと
by 停車男 (2011-12-19 20:27) 

takao

停車男さん、コメントありがとうございます。

『とある飛空士』も『テルミー』も非常に面白い作品ですので、是非是非読んでみてください。
by takao (2011-12-23 20:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。